« ラスト1ヶ月 | トップページ | ツール選手の「脳内」を見る »

2006年6月 3日 (土)

Astana-Wurthチーム誕生!

 マノロ・サイス監督のドーピング関与事件で、リバティーセグロスがスポンサー撤退を表明したのは5月25日のことだったが、6月2日、早くも新たなスポンサーと共にチームが再出発できることに決まった。新スポンサーの名はAstana(最後のaの上には´のアクセント記号)。噂にも上っていたとおり、ヴィノクロフの母国カザフスタンのスポンサーだ!

 しかもアスタナとは、カザフスタンの首都である。つまり日本で言えば、東京がチームを持つようなものだ。さすが大統領がヴィノクロフに直接支援を確約しただけあって、こうして石油などの地下資源で財政が潤っている一自治体が3年契約を結ぶことになったそうだ。ちなみにヴィノクロフが生まれたのはPetropavlovskという、アスタナより北方、ロシア国境に近い町。

 気になるジャージは、やはりカザフスタンカラーの水色&黄色に変わったりするのだろうか。どうやらアスタナのシンボルマークも水色&黄色(+赤)となっている。

|

« ラスト1ヶ月 | トップページ | ツール選手の「脳内」を見る »

コメント

バッソ、ウルリッヒ、バルベルデ、そしてヴィノクロフ
ヴィノが欠けたらバッソのひとり勝ちになりかねませんから、
このスポンサー決定は喜ばしい限りです。
UCIの新チームへのツール参加承認が待たれるとのことです。

投稿: Masashi | 2006年6月 4日 (日) 11時34分

バッソ、ウルリッヒ、バルベルデ、そしてヴィノクロフ
ヴィノが欠けたらバッソのひとり勝ちになりかねませんから、
このスポンサー決定は喜ばしい限りです。
UCIの新チームへのツール参加承認が待たれるとのことです。

投稿: Masashi | 2006年6月 4日 (日) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Astana-Wurthチーム誕生!:

« ラスト1ヶ月 | トップページ | ツール選手の「脳内」を見る »