« プロローグの夜は…サッカー! | トップページ | 大激震 »

2006年6月30日 (金)

ツールが街にやってきた!

Quai  2006年ツールのグラン・デパール地はドイツ国境のストラスブール。その隣国で行われているサッカー世界大戦のおかげで、チームプレゼンテーションはいつもよりも1日早い木曜日に行われた。

 週末にはちょっぴり早いとはいえ、18:30から行われたプレゼンテーションには鈴なりの人・人・人。特にストラスブール市内をゆったりと流れるリル川のほとりで選手たちのお披露目が行われたため、対岸からファンはじっくりと眺めることが出来たようだ。しかも選手たちは船に乗って登場し、船に乗って退場。つまり上流から下流まで、街のいたるところで選手の姿が堪能できた。

 しかしツールを受け入れるのも、住民にとっては楽じゃない。28日午後からすでに道路閉鎖があちこちで始まり、29日は町外れの大会本部周辺とプレゼンテーションが行われた市中心部は道路閉鎖+路駐完全禁止。そして7月1日と2日は、実際に街中でステージが行われるため、ほぼ全市の交通網が麻痺するのだろう。

Moreau  とはいっても、ストラスブールはフランスでも指折りの自転車都市。街のいたるところに自転車専用レーンが敷かれ、車の渋滞を横目に、たくさんのサイクリストたちが通りを颯爽と走り抜けていた。

(写真上:かわいい木組みの家で有名な川岸に、観客達が詰め掛けた。
写真下:ストラスブールからそれほど遠くない町で生まれ育ったモローには、多くの声援が飛んでいた。)

|

« プロローグの夜は…サッカー! | トップページ | 大激震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツールが街にやってきた!:

» ツール・ド・フランス [卵色日記2]
さてツールです♡ 我が家の夏の風物詩。 (この記事は「ツールへの道」の「ツールが街にやってきた!」にTBさせていただいてます。面白い話題、ありがとうございます) ワールドカップとやらにはさっぱり盛り上がらない我が家。 会社の同僚とかが寝不足ぎみで興奮ぎみでも「何があったの?」と質問するぐらいサッカー音痴だし興味もまったくない。 だいたい人が集っていく方向ってのがあまり苦手だし、いやもう単純に好きも嫌いもなくて、興味ない。 興味のある人にどうこういうことはないけれど、テレビの広告とか... [続きを読む]

受信: 2006年7月 2日 (日) 10時28分

» ツール・ド・フランス2006(0.96) [キューブと夜と音楽と]
マイヨ・ブランの対象者は23人。 一番若い選手がフランセーズデージューのトーマス・ロヴクヴィスト、1984年4月4日生まれの22歳なったばかり。 プロローグで7秒遅れで4位にいる。 (昨年のヴェルタで最年少のハインリッヒ・ホースラーを応援したらなんとステージ優勝してしまったからね) プロローグ時点でもマイヨ・ブランはラボバンクのフースト・ポシュトゥマ。 上位狙いは、 フィリップ・ジルベール、 フィリッポ・ポーツァート、 ホセ・ルハノ、 ピーテル・ベーニング、 リカルド... [続きを読む]

受信: 2006年7月 2日 (日) 14時01分

« プロローグの夜は…サッカー! | トップページ | 大激震 »