« 2006年6月 | トップページ

2006年7月 4日 (火)

ブログ移行のお知らせ

いつも「J SPORTS STYLE cycle road race BLOG ツールへの道~自転車レースの世界へようこそ」をご覧いただきましてありがとうございます。

このブログは「J SPORTS STYLE cycle road race BLOG」としてリニューアルしました。以降はこちらのアドレスからご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平均的フランス人自転車ファンのツールの過し方

 7月第1週から大型バカンスの波が始まるフランス。つまり自転車ファンは、望みさえすれば、3週間どっぷりTVの前でツール漬けになることができる。なにしろ朝から晩まで、ツール関連番組が盛りだくさんなのだから。

Village ・午前10:50~11:40 フランステレビジョン「ヴィラージュ・デパール」
前日のハイライトから当日朝の選手の様子までを、スタート地のヴィラージュ(スポンサーブース村)からお届け。かつての名選手やハリウッド大スターなども訪れるから見逃せない。目玉はスタート地の名物料理紹介。おなかの虫がそろそろなりだすころだ。

・午後、生中継開始前の30分 フランステレビジョン「ラ・レジョンド・ドゥ・ツール」
ツールの「生き字引」ジャンポール・オリビエ氏が、テーマに沿ったツール史を解説。メルクスやアンクティルなどの超有名選手から、名もないアシスト選手の物語まで映像とインタビューで紐解いてゆく。非常に勉強になります。

・午後14:20頃~ フランステレビジョン&ユーロスポーツ 生中継開始
いよいよ本番。といっても山岳ステージ(山岳は朝10時頃から放送開始となる)以外は、序盤はのんびり午後のお茶やアペリティフ(食前酒)を飲みながら?ちなみに今年のフランステレビジョン解説は、ユーロスポーツからフィニョンが大型移籍!頭の切れる素早い解説に、すでに評判は上々。逆に昨年スタジオに閉じ込められたジャラベールはバイク解説に戻り、こちらも水を得た魚のように生き生きとした実況が聞かれる。ユーロスポーツはヴィランク&デュランの黄金コンビ。

・午後17:30頃~18:45 フランステレビジョン「ヴェロ・クラブ」
「ジェイジェイ」ことジェラール・オルツ氏が、走り終えたばかりの選手を迎え入れてインタビューを展開。人の良い顔をしながら、遠慮なくスキャンダラスな問題にさくっと突っ込みをいれたりする。フランス公共放送のしかも生放送のため、質問によっては、後々大問題に発展することも多々あった。

・午後20:15~20:20 フランステレビジョン「アン・ジュール・スュール・ツール」
短いハイライト番組。

・午後21:45~22:45 ユーロスポーツ「ツールハイライト」
インタビューを交えた1時間ハイライト番組。

・深夜 ユーロスポーツ「シャッカン・ソン・ツール」
新開催委員長プリュドム氏、フォイクト(CSC)、コフィディスのチームスタッフ、アメリカ人ジャーナリストの4人を、3週間毎日追いかけ続けるもの。

 こうしてツールファンの夜はふけてゆく……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

呪われたツール!?

 前日の騒動で幕を開けたツール・ド・フランスは、第1ステージも大アクシデントに見舞われた。特に目の前5mのところで黄色い影が音もなく倒れこみ、赤色がどんどん広がるのが見えたのにはかなり衝撃を受けたが……。

ハスホフト:PMU緑の手で右腕を長さ5cmほど切る
ボーネン:観客のカメラにぶつかる
ザブリスキー&ゴメスマルチャンテ:ハチに刺される
デゥエナス:歯が痛い

 幸いなことに、4人とも無事に第2ステージ出走予定!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月 2日 (日)

Allez les Bleusのおかげで

Une  ツール史上でもまれに見るスキャンダルが起きた割には、フランスメディアの扱いは控え目。理由は簡単。サッカーフランス代表の快進撃が同時に進んでいるから。そして普段はレキップ一面トップ扱いのツール開幕ニュースも、なんと白黒ページ扱い……。TVニュースもウルリッヒ&バッソそっちのけで、ジダンやアンリに夢中だ。唯一黄色い表紙でツールを歓迎してくれたのは、ストラスブールの地元紙DNAだけ。

 ハスホフトがプロローグを勝ち取った翌日、7月2日の紙面も、フランスがブラジルを撃沈したニュースで持ちきりに違いない。ツールが一面トップを取り戻すのはいつの日か!

(写真:ツールを創設したはずのレキップ紙の、プロローグ当日の一面。ツールについては情報に小さく「嵐の後にツール出発」とだけ書いてある)

Asaka MIYAMOTO

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月 1日 (土)

認めた選手、認めない選手

Csc_1  6月30日の朝、AG2Rのヴァンサン・ラヴニュがマンセーボに会いに行った時、マンセーボはこう言ったという。

「もう終わりです。僕はここから立ち去ります。自転車を降りますよ」

 ラヴニュはこれをある種の「告白」とみなして、これ以上何も聞かなかったそうだ。一方でリストの件を告げられたバッソは、かなり驚いて「僕は何も知りません」と言ったとか。しかしリース監督は「私の責任の名の元に」バッソにツールから立ち去るよう告げている。

 プレスルームではなく、滞在ホテルで記者会見を行ったTモバイル。ウルリッヒも「何も関係のないこと。僕は犠牲者ですよ」との発言を残して、ツールを立ち去った。

(写真:午前10時頃には「はっきりしたことが分かるまで、バッソの進退は決めない」と言っていたリース監督。午後13時50分から始まった会見で、バッソの不出場が発表された)

| | コメント (0) | トラックバック (5)

大激震

 2006年ツール・ド・フランス開幕前日、9人の選手と1人のチーム監督がツールから立ち去った。

 5月23日に露呈したスペインドーピング禍に関わりのある選手リストを、スペイン司法が正式発表したことが発端だ。関わりのあったのは4チーム。それぞれが一応、「自主判断」で当該選手・監督のツール出場を取りやめている。

■T-モバイルチーム
Jan ULLRICH
Oscar SEVILLA
Rudi PEVENAGE(監督)

■チームCSC
Ivan BASSO

■AG2R
Francisco MANCEBO

■アスタナ・ウルト(※最終的にチーム全体が出場を取りやめた)
Sergio Paulinho
Isidro NOZAL
Allan DAVIS
Alberto CONTADOR
Joseba BELOKI

Aso  またチーム監督会議では、不出場選手の穴を補欠で埋めないことが全会一致で決定された。これは自転車競技は正々堂々とドーピング問題と戦い、不正には簡単に屈したりしない、という強いアピールなのだ。

「潔白な選手が、あくまでも潔白であることをファンに証明できるように、今後も司法調査は続けて欲しい」

 マンセーボの代わりに、AG2Rのリーダーに昇格したモローはこう力強く述べた。7月1日に始まるツール・ド・フランスが、100%潔白な選手たちによる素晴らしいレースになるよう、誰もが願っている。

(写真:記者会見で新ディレクターのプリュドムはあくまでも毅然と振舞った。その横で、ルブランは疲れた様子を隠せない)

Asaka MIYAMOTO

| | コメント (2) | トラックバック (15)

« 2006年6月 | トップページ