« 呪われたツール!? | トップページ | ブログ移行のお知らせ »

2006年7月 4日 (火)

平均的フランス人自転車ファンのツールの過し方

 7月第1週から大型バカンスの波が始まるフランス。つまり自転車ファンは、望みさえすれば、3週間どっぷりTVの前でツール漬けになることができる。なにしろ朝から晩まで、ツール関連番組が盛りだくさんなのだから。

Village ・午前10:50~11:40 フランステレビジョン「ヴィラージュ・デパール」
前日のハイライトから当日朝の選手の様子までを、スタート地のヴィラージュ(スポンサーブース村)からお届け。かつての名選手やハリウッド大スターなども訪れるから見逃せない。目玉はスタート地の名物料理紹介。おなかの虫がそろそろなりだすころだ。

・午後、生中継開始前の30分 フランステレビジョン「ラ・レジョンド・ドゥ・ツール」
ツールの「生き字引」ジャンポール・オリビエ氏が、テーマに沿ったツール史を解説。メルクスやアンクティルなどの超有名選手から、名もないアシスト選手の物語まで映像とインタビューで紐解いてゆく。非常に勉強になります。

・午後14:20頃~ フランステレビジョン&ユーロスポーツ 生中継開始
いよいよ本番。といっても山岳ステージ(山岳は朝10時頃から放送開始となる)以外は、序盤はのんびり午後のお茶やアペリティフ(食前酒)を飲みながら?ちなみに今年のフランステレビジョン解説は、ユーロスポーツからフィニョンが大型移籍!頭の切れる素早い解説に、すでに評判は上々。逆に昨年スタジオに閉じ込められたジャラベールはバイク解説に戻り、こちらも水を得た魚のように生き生きとした実況が聞かれる。ユーロスポーツはヴィランク&デュランの黄金コンビ。

・午後17:30頃~18:45 フランステレビジョン「ヴェロ・クラブ」
「ジェイジェイ」ことジェラール・オルツ氏が、走り終えたばかりの選手を迎え入れてインタビューを展開。人の良い顔をしながら、遠慮なくスキャンダラスな問題にさくっと突っ込みをいれたりする。フランス公共放送のしかも生放送のため、質問によっては、後々大問題に発展することも多々あった。

・午後20:15~20:20 フランステレビジョン「アン・ジュール・スュール・ツール」
短いハイライト番組。

・午後21:45~22:45 ユーロスポーツ「ツールハイライト」
インタビューを交えた1時間ハイライト番組。

・深夜 ユーロスポーツ「シャッカン・ソン・ツール」
新開催委員長プリュドム氏、フォイクト(CSC)、コフィディスのチームスタッフ、アメリカ人ジャーナリストの4人を、3週間毎日追いかけ続けるもの。

 こうしてツールファンの夜はふけてゆく……。

|

« 呪われたツール!? | トップページ | ブログ移行のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平均的フランス人自転車ファンのツールの過し方:

« 呪われたツール!? | トップページ | ブログ移行のお知らせ »